スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.03. vol.1 -あの日から1年-

ふぉる
に旅立ってから 1年だね
沢山 お友達は 出来た?
ちゃんと ご飯も モリモリ 食べてる?
みんなのこと おから 見ててくれるのは いいけど
ドンクサイから 雲の上から 落っこちないよーにしてよ

1407031.jpg
ふぉるに 触れることが 出来なくなって
ママは 悲しくて 雨ばかり降らせて ながい ながい 1日を 送ってたけれど
少しずつ 時のたつのが はやくなって 晴れ間も ちらほら 出てきました
きっと ふぉるが そーしてくれたんだよね
ありがとう



【kotoneの独り言】 あの日・・・ 


ふぉるは 内視鏡検査を終え 麻酔を覚ます時に 自分で呼吸が 出来なくなりました
心臓は 元気に 動いてるのに 呼吸器を外すと 呼吸が止まり 鼓動が 低下していったのです
何時間もの 蘇生をし 主人も職場から 電話で 励ましましたが 呼吸は 戻りませんでした
その場に居た私は 立つ事も出来ず 判断も 出来ない状態だったので
医師が 電話をし 主人が 悲しく辛い決断をし  
私達は ふぉるを に 旅立たせてしまいました

ふぉるの異常に気がついて 4日間
血液検査を 何度もしたり バリウムを 飲ませたり
病院は 色んなことしました
私は 以前から その病院で 診てもらってた 耳だれが 原因で
髄膜炎になったのではないか と 医師に 何度も 問いましたが
それは 関係ないと言って お腹の中の検査を 繰り返しました
血液検査も 少し炎症の数値が出てるだけで
バリウム検査でも 腸の中に 異物はなし
で 内視鏡検査も 胃の中は きれい
なのに・・・ ふぉるは・・・

ふぉるが こーなってしまった 経緯を 
医師が 職場からかけつけた主人に 説明した
原因は 麻酔の反応で 神経が 爆発したのだと 思う とのことだった
もう ふぉるは かえっては 来ないけど
診察した医師と 内視鏡をした医師は 違うのも わかってるのに

こちらで 1年以上 診てもらってた 耳のことを 何度も 言ったのに 
ちゃんと 聞きもしないし 調べもしないで なんで 最後が これなんですか? 
耳を調べても 結果は 同じだったかもしれないけど 納得できない 
 
と それでも 私は 言わずに いられなかった
主人も横で 拳を握って 怒りと 悲しみに たえていたよーだった

辛かった 
悲しかった 
悔しかった 
ふぉるに 申し訳なかった
無知な自分に 腹が立った

この内視鏡検査で 異常がなかったら 
ふぉるを 違う病院に 連れて行こう と 思ってただけに
判断と 行動の遅さに 情けなくなった

4日間という時間
私達が 的確な判断をしてれば 他の病院にかえることもできて
ふぉるは もっと 長生きできたはず

医師を 信頼することも 大事だけど あれ?と 少しでも 疑問を持ったら
思い切って 病院を かえたりする 決断と 行動も 必要だと 思います
私達のようなことにならないよーに 
頭の隅っこにでも このことを 記憶しておいて下さい
(乱文で ごめんなさい)

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

tag : メインクーン ふぉる あの日 1年

コメントの投稿

非公開コメント

鍵コメさんへ

こんにちは

ありがとうございます

ペットだけれど
やはり 家族なので
いなくなると すごく 寂しくて
心に ぽっかり 穴が あきますね
きっと その穴を
お空にいってしまった子は 心配しながら 埋めてくれてるのでしょーね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

こんばんは

ありがとうございます

みんなで 天国に行く時に
ちゃんと 待ち合わせ場所に 行けるよーに
今から 精進いたします
遅いかな???^^;

鍵コメさんへ

こんにちは

雲から 落っこちたら
また うちの子に なってくれますかね?^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっぴえろさんへ

こんばんは

ありがとうございます

ふぉるが 生きていた証っていうのか
そーゆーのが ちゃの中に 残ってるって 思うこと
私も あります
一緒に暮らしてると 似てくるものなのですね

もう 姿を見ることも 触れることも 出来ないけれど
ここに 来て下さる方の 心の中にも ふぉるが 生き続けてること
とても 嬉しく思います

りょう☆ さんへ

こんばんは

ありがとうございます

時の経過が 少しずつ癒してくれるのは 事実ですね
きっと ふぉるが その様に 導いてくれてるのだと 信じて
その流れに 逆らわないよーにしたいと 思います

いつまでも^^

こんにちは、kotoneさん!

ふぉるが亡くなって1年ですか。。。
早いものですね。

るーたちの存在もあってか、
こちらにくると、
僕もふぉるを思い出すことは多いです。

ちゃのお姉ちゃんとしての仕草や行動も、
何となく、ふぉると似ているような気がして、
きちんと、ご家族の中で生きているんだな、
と思う時があります。

人は2度死ぬと言います。
心臓が止まっ時、そして、忘れ去られた時。
そう言った意味では、ふぉるは、kotoneさんたちはもちろん、
こちらに来られる、みんさんの中でも生きているしょうね。

当然、僕の中にもいますよ。
やっぱり、僕にとってふぉるは、いつまでも友達だな^^

No title

ふぉるちゃんと久しぶりに会えて嬉しいです。
もう1年ですね。
突然でびっくりしたことを思い出します。

私も1年過ぎてポチとの散歩道をやっと泣かずに歩けるようになりました。
忘れることはないけど時は少しずつ癒してくれますね。

はやとうりさんへ

こんにちは

ありがとうございます

空に旅立ってからも
ここに来て下る方たちにも 愛されて
ふぉるは 幸せな子だなって 嬉しく思います

seitaiplusone さんへ

こんにちは

ここに来て下さる方の心の中にも
ふぉるの存在があって 嬉しく思います

孝ちゃんのパパ さんへ

こんにちは

ありがとうございます

いつもは 人の傍に 居るのに
ひと目に つかないところに 隠れるようにいて
抱き上げると 頭を 動かして
今までに 聞いたことのないよーな 悲鳴をあげて
首を だらんと させたので
私は 内蔵でなく 頭だと 直感したのですが
そこは 聞き入れては もらえませんでした
そのことが いつまでも ひかかってます・・・

いつまでも ふぉるは 私の 可愛い 愛猫
そのことは 心に 深く 刻んでおきたいと 思います

No title

おはようございます♪

ふぉるちゃん旅立ってからもう一年ですか
速いね

でもふぉるちゃんはいつまでも皆の中に生きていますよ

No title

こうやってブログ記事にアップすることで
僕たちもふぉるの事を主ぴ出せます。
きっとふぉるは喜んでますよ。

No title

こんばんは。

ずっと気になっていたけれど、そういうことだったのですね。
医者によって違った結果があったはずだ!っていつまでも思いますよね。

悔やんでも仕方がないけれど
後悔はいつまでも続きます。

せめて、いつまでも思ってあげるのがふぉるのためであり
僕にとっては妻のためでもあります。

ふぉる!
そこでみんなを見守っているんだよね!!!!!

2014-07-03 22:23 鍵コメさんへ

こんばんは

ありがとうございます

まとまりのない文章から
私の伝えたいことを ご理解いただいて
心にとめておいていただけるなんて 嬉しく思います

虹の橋のたもとにある公園で
ふぉると 再開したときに
悲しい顔で 老けすぎて わからなくならないよーに
ふぉると暮らしてたころの笑顔でいないと いけませんよね

にゃうわんさんへ

こんばんは

ありがとうございます

後悔
多くなってくるものですね

ふぉるに 沢山 してあげたいことあったけれど
ふぉるに してもらったことのほうが 多くて
私は ふぉるにとって 良い事をしてあげられたのでしょーかね?
ひとつでも それが あったなら いいなぁ

みぃちゃん ちゃ るー には
ふぉるのようなことは 繰り返してはならないと 思ってます
そして ふぉるの分も 愛情を 注ぎたいと 思います

未来さんへ

こんばんは

ありがとうございます

まだ 何かのときに
あの日のことが 蘇ってきて 辛く悲しい 気持ちになります

情報が 簡単に 手に入る 時代になったけれど
そこには 飾られたものも 沢山あって
ほんとうに 知りたいことは 隠されたりする
何かあって 行くのが 病院だし
その中で 選ぶのって 難しいですね

2014-07-03 21:28 鍵コメさんへ

こんばんは

ありがとうございます

いつも 私が 沈んでると
そっと 傍に 来て 黙って 座って
目が あうと 心配そうに 見詰めてた ふぉる
天国で 同じ様に 心配させていては いけませんね

2014-07-03 21:23 鍵コメさんへ

こんばんは

ありがとうございます

ふぉるは 体も大きいし と
麻酔のことなど 心配もしておりませんでした
勉強不足です・・・

最新の設備と機器が揃った病院だから
何があっても 大丈夫だと 思っておりましたが
肝心の医師の技量(?)については 全く わかっておりませんでした
そもそも そこが 間違いでありました・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

生きていると いっぱい後悔して
落ち込んで ごめんねって気持ちばかり溢れて
どうしてどうして。。ってたくさん思うことってありますよね
私もずっとずっと心に引っかかっていることがあります

最近 出会った言葉です
「10してあげたいことがあって 1つしてあげられることができれば
それでもとっても幸せなんじゃないかな」って。

きっとふぉるちゃんは 「幸せ」って思っています
ただ kotoneさんご夫妻のお気持ちと ふぉるちゃんの気持ちが
一致するには なかなか時間がかかるかもしれませんが
ああしてあげたらよかった。。ってお気持ちが
きっと今 目の前にいる みいちゃん ちゃふぃちゃん ルークちゃんにとって
良い方向に進むはず そう思います。
モフッコたちが 私たちに教えてくれたことを
大切にしていきたいなって思います。
命って重くて大切ですものね。
ふぉるちゃん kotoneさんファミリーと出会えて ほんとにほんとによかったね^^

No title

そんな経緯があったとは知りませんでした。
時間が解決してくれることもあるかもしれませんが、
毎日忘れることなく、いつもふぉるのことを思っているのが伝わってきて切ないです。

獣医さん選びって大切なんですね。
人間の様に病状によって専門の科にかかるっていう事ができないですから、
どんな情報で選んだらいいのか、探し方も難しいですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

こんばんは


私達のような思いをする人が いなくなるよーにと
書こうと 思いながら 1年が 経ちました

ふぉるが 一番 悔しい思いをしてるだろーと思うと
辛くて 辛くて・・・
まとまりのない文章ですが
私の思いを 察していただけたよーで 良かったです

ふぉるは 優しい子だったから
きっと 私達のことも 攻めたりせず
こーして 平穏な日々を 与えてくれてるのだと 思います

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブログ拍手ページの鍵コメさんへ

こんばんは
お久しぶりです

同じ様な思いをなさったのですね
自分では 何もしてやれなくて
病院に任せることしか 出来ないので
もしかしたら と 思うと 悔やまれることが 多いですよね

あの日のこと
私のような思いをする人がないよーにと
書こう 書こう と 思いながら
今になってしまいました
それでも 全部は 辛くて 書けなくて・・・
まとまりのない文章ですが 察していただければと 思います

するるさんへ

こんばんは

ありがとうございます

回数は 減ってはきてるものの・・・
ふとしたときに あのときのことが 頭をよぎり
どーしよーもない気持ちになります
そんなとき 猫達の存在は 私を 優しく 慰めてくれています
きっと その中には ふぉるも 居てくれるんだと 信じたいと 思います

けいさんへ

こんばんは

1年 たちましたね
猫とか 犬とか
種をこえて サーブちゃんと ふぉるが
なかよく 空を 駆け回って 遊んでると いいですね^^

ねこ吉さんへ

こんばんは

ありがとうございます

ことあるごとに 
あのときのことが 思い出されてます・・・

何事もないときには
良いと思ってた病院も
何事かが おこらないと わからないところもあって
選択が 難しいですね
私達のよーな思いをする人が なくなると いいのですけどね

ちどりさんへ

こんばんは

ありがとうございます

一番 悔しく 辛かったのは 
ふぉるだと 思いますが
優しい子だったので
こんな私を 見守ってくれてるよーにも 思ってます
自分勝手ですけどね

No title

kotoneさん

1年経っても、まだまだ涙することも
多いですよね。ふぉるちゃんは、それだけ
大切な子だったんですから。
辛くて悲しい4日間、悔やんでも悔やみきれない
4日間だったと思います。それを乗り越えるのは
そんなに簡単なことではないです。
だから、みんながkotoneさんのそばでにいて
あげてほしいです。猫さんたちはそばにいて
くれるだけでいいですよね。
kotoneさん、ふぉるちゃんもそばにいて
くれてますよ。どんなときも。

No title

こんばんは!

あれから1年!
この一年は 何時もの年よりも
長く感じました。
ふぉるちゃん サーブの事見つけてくれたかしら?
偶然にも同じ日に虹の彼方へ 旅立ったんですよね。

きっと仲良く遊んでいますよね!

No title

1年経つのですね
kotoneさんやご主人にとっては、きっと短くは無かった時間だったと思います
るーくんがきて、少しは晴れ間も出たのかもしれませんが、
病院への憤りの気持ちはなかなか整理ができるものではないとお察しします

数日前、仲良しの猫友さんのねこちゃんも
麻酔からしっかり覚めることができず、虹の橋へ行ってしまいました
もっと体を楽にしてあげるための手術だったのに
結果その手術の麻酔が切れない、、、
改めて小さい体への麻酔って危険が有るんだって思っていたところでした

みぃちゃん、ちゃふぃちゃん、るーくん
病院のお世話にならなくて済むように、ママを元気づけるためにも
どうか健康で過ごしてね

(今うちのかかりつけも、時折心配になります
今日も病院へ行こうかと思っていたのですが(目の不調です)
病院を変えるかどうか、迷っています。。。)

No title

kotoneさんもご主人も、本当にお辛い思いをされたのですね。
ふぉるちゃんがいなくなってしまったことだけでもとっても辛いのに。
ふぉるちゃんが天国から「ママのせいじゃないよ」と言っているような気がします。
気持ちの整理はとっても時間のかかることだと思います。
私たちでさえ、ふぉるちゃんのお写真を見ると涙がこぼれますもの。
晴れる日は、ゆっくりゆっくりいつかのんびりやってきますよね。

カテンベさんへ

こんにちは

病院選びって大事だな って 思うのですが
ネットの口コミで 評判であっても
それを 鵜呑みには 出来ないし
そーそー 次から 次に 移り変わるのも 大変だし・・・
何事かが おこらないと わからないんで 難しいです

無知だってことは
大切なものを なくしてしまうってこと 痛感しました
後から こんなこと わかっても どーしよーもないのですけどね

こんにちは

医者なんて信用できるもんもいてるんやろけど、基本的には信用ならへんもんやね
説明通りに麻酔が、てのでも、小さいからだに麻酔するのなんて、量の調整むつかしいもんなんやろけど、それをする専門家なんやろ?て憤ってまいますねぇ


まだ若かったもんねぇ
年くうてても、そんなんなったら、なんやて!?てなりますけどね

うちの猫、20歳近くになってもて、そないに調子よくもないので、お迎えくるんやないやろねぇ、てドキドキしてもうてます
profile

kotone

Author:kotone
●愛猫紹介●
【愛称】 Miechan      
【猫種】 日本猫(?)
【性別】 女の子
【誕生】 推定1998年頃
【毛色】 麦わら
【体重】 3.3㎏(2014.11.現在)
【性格】 気が強いけど小心者
2014.12.18. 14:53 お空へ

【愛称】 Foulcy
【猫種】 メインクーン
【性別】 女の子
【誕生】 2007.11.19.
【毛色】 シルバー クラシック タビー
【体重】 8.7㎏(2013.04現在)
【性格】 人懐っこい オットリ ドジ
2013.07.03. 18:24 お空へ

【愛称】 Chaffey
【猫種】 メインクーン
【性別】 女の子
【誕生】 2011.04.04.
【毛色】 ブラウン クラシック タビー
【体重】 5.5㎏(2015.05.現在)
【性格】 お転婆な甘えん坊

【愛称】 Luke      
【猫種】 メインクーン
【性別】 男の子
【誕生】 2013.05.11.
【毛色】 シルバークラシックタビー
【体重】 7.5㎏(2015.05.現在)
【性格】 やんちゃ坊主

 リンクして下さった方 
 足跡を残して下さった方の所へ
 自宅と会社から クリック応援等
 日に何度か お邪魔しまして
 足跡ベタベタ残しますが
 『また来たか』と流してやって下さい

 平日以外の訪問・コメント出来ません
 申し訳ありません^^;


 ↑ ↑ ↑
 FC2以外のご訪問者様へ
 こちらに足跡を残して下されば
 遊びに伺います^^
 (初回登録で次回以降クリックのみデス)
 

 当ブログ内の
 画像・文章の著作権は 
 管理人にあります
 画像・文章の無断での
 転載はご遠慮下さい 

QR
QR
new
comment
link
category
archive
counter



RSS link
application

この人とブロともになる

search
track back
blog game
online shopping
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。